体からウンコのにおいがする人は「うつ」になりやすい
体臭でお悩みの方で
特にカラダからウンコのにおがする
おならのにおいがする
病院に行っても相手にされず、仕舞いには
「うつ」と診断される場合が多いようです

うつの場合は脳の神経伝達物資である
セロトニンが減少し、それがうつ症状を起こします
病院ではセロトニンを壊れにくく再利用し
セロトニン濃度を増やす薬を処方する事があります

トリプトファンは、脳や消化管の神経でセロトニンに合成されます
腸管に90パーセント存在し必要な時に脳に運ばれます
通常は脳には血液脳関門があり
セロトニンは脳関門を通過できませんが
電磁波特定の刺激で脳関門を通過します

セロトニンが腸管できちんと安定して製造、貯蓄
されている事が重要です

トリプトファンは、赤身の魚、肉類、乳製品に豊富に含まれます
「ビタミンB6」が作用しセロトニンになります

ここで重要なのは
おならが臭い、体臭がおならのにおいうんこのにおいというのはトリプトファンインドールに変化しているという事です
インドールスカトール、硫化水素が発生しています
トリプトファンが不足しセロトニン不足になります
トリプトファンをインドールに変えるのは腸内環境です

オイスターなどでミネラルをきちんと取ると
腸管の酸化還元電位が下がり
通性嫌気生菌であるビフィズス菌が棲みやすい環境になります
ビフィズス菌はインドールを産生しないことが知られています
ただしビフィズス菌を直接飲んでも腸に定着しません
こんな時は乳酸菌産生物質を飲むと腸の善玉菌が定着します

トリプトファンが安定していれば
セロトニンがしっかりあり、精神が安定
インドールができなければおならが臭くない
言う事です