排卵期の漢方は

卵胞が成熟し排卵される時には直径20mmに達し
排卵前段階となります

排卵時には 卵胞からプロテアーゼが分泌されて
卵巣表面に破裂孔と呼ばれる開口ができて卵胞が排出されます

破裂した卵胞は急激に変形し、
黄体というステロイド産生細胞群となり、
大量のエストロゲンとプロゲステロンを分泌し
子宮内膜を保たせます

排卵がスムーズに行うためには還元電位が低い状態が好ましく

「鹿茸」
などの強いミネラルや「紅参」「田七人参」などで
サポニンとミネラルを補給すると良いです

低温期には 
当帰など、エストロゲン受容体に弱く結合する漢方薬のみでも
良いのですが
排卵期を境にして 地黄などプロゲステロン活性のある生薬も
服用します