甲状腺機能低下と不妊

JUGEMテーマ:不妊治療

妊相談で案外多いのが
甲状腺の機能低下や亢進で 不妊になっている場合です

甲状腺機能が低下していると
体温が低下→女性ホルモンが生成しにくい
病院に行くと 妊娠すれば甲状腺も良くなります!と言われますが
甲状腺の機能が低下すると 不妊の原因になりますし
着床しても 妊娠が継続しにくくなります

甲状腺ホルモンは
アミノ酸から作られるペプチドホルモンであり
ペプチドホルモンは、体内のホルモンの中で最も種類が多いホルモンです

甲状腺ホルモン合成は
芳香族アミノ酸の一つのチロシンを材料にして
レシチンと錯体を形成したヨード + 鉄イオンが触媒反応して
作られています

チロシン、ヨード、励起状態の鉄イオンなど材料が足りないと機能が低下します

漢方治療のポイント

醗酵大豆漢方薬で甲状腺ホルモンの材料であるチロシンを供給


■チロシンの酸化抑制効果(チロシナーゼ阻害)があるリンゴ酵素を併用する


牡蠣肉エキスなどを摂取し
 ヨードがマイナスイオンの状態で摂取できるようにする

 (牡蠣が良いのは、ミネラルの結晶が特別な構造をしているからです)

■強いハロゲン酸化物(塩素 臭素)は
 ヨードがマイナスイオンの状態を維持できなくするので

 日用品など噴霧によって吸い込まないように気を付ける

 
■甲状腺ホルモンが血液中で安定するように
 上質のタンパク質をサプリメントで補給する

■甲状腺機能が低下したり亢進したり安定しない原因について
 甲状腺ホルモンは腎排泄されるのが正常ですが
 腎機能が低下すると古くなって排泄されるはずの甲状腺ホルモンが

 脱ヨード化されずに体内に残る場合があります。

 脱ヨード化に関係しているのが ニンニクやキャベツ、クレソンなどに含まれる成分です。

 漢方薬やサプリメントで脱ヨード化を促進してあげれば甲状腺機能亢進にも対応できます

  補腎によって改善します